米国でGoogleの検索エンジンシェアが落ちている?

タブレットを持つ男性
米国でGoogleの検索エンジンシェアが落ちている?そうです。

グーグル検索、米国でシェアが低下–米ヤフーと「Firefox」の提携が影響か – CNET Japan

現象したといっても、Googleは全体の75%をまだ握っているので、圧倒的シェアであるともいえるのですが。
ちなみに、
米Yahoo 8.6%→10.6%
Bing 12.1%→12.5%
となっていますので、現在のアメリカでは、
Google:Bing:Yaoo:その他=75:10:10:5
みたいにおおきく捉えておけば、間違いないですかね?

今回の変動はFirefoxが最初にどの検索サイトをデフォルトで使用しているか、が変動の理由と書いてありましたが、実は日本でもWindows with Bing搭載のPCが沢山出回ることで、Bingの検索シェアが上がっているんじゃないかな、と思っています。

別に私はGoogleを嫌いなわけではありませんが、Googleの一人勝ちはあまり市場としては望ましくないので、ぜひYahoo、Bingにも頑張ってほしいと考えています。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

フォローする

こんな記事も読まれています