Googleがモバイル対応を気にし始めている

モバイルユーザビリティ上の問題が検出されました
今まで何の問題もなかったHPに対し、Googleウェブマスターツールから上記のような警告が届き始めています。

「モバイルユーザビリティ上の問題が検出されました」というタイトルで始まるものです。

要はどういうことかというと、PCで閲覧することを前提で作られているHPに対し、モバイルユーザビリティ、特にスマホから閲覧したときに見やすく使いやすい状態になっているか否かを、今更ながらに警告しはじめているのです。

そもそも、PC用に作ったHPなんだから、モバイルで見るほうが拡大するなりなんなりして見ればいいでしょ、と言いたいところですし、放っておきたいところですが、Googleが警告するってことはSEO的に検索順位にも影響を与えるかもしれず、完全に無視するわけにもいかなくなるんじゃないかな、と思います。

このように、後出しじゃんけんでGoogle様がルールを決めてくるので、何だか操られている気分になって嫌な気分になります。

が、その目的としては正しい(モバイルユーザビリティ上、スマホ専用ページを用意したりレスポンシブWEBデザインに対応させるとか)ので、完全にGoogleの警告を否定できないのも事実です。

とはいえ、それらを用意できない企業は辛いだろうなぁ、と気を遣ってしまいます。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

フォローする

こんな記事も読まれています