2014年のSEO動向と2015年の予測

インターフェース
アウンコンサルティングさんが、2014年のSEO動向と2015年の予測を発表されていました。

アウンコンサルティング、2014年のSEO動向総括と2015年の予測を発表:MarkeZine(マーケジン)

内容としては目新しいところは特にないのですが、記事内にあります、

・Author Rank(オーサーランク)は、意味がなくなった
・キーワード単体ではなく、文章構成で評価をする
・SNSに対する評価では、「いいね」やフォロワー数は検索順位に影響を与えない
・SSL認証(https)は軽微ながらランキングに影響する

は、今一度抑えておきたいところです。

一方、今後としては、スマホなどのモバイル対応が影響を与えるのではないかという予測を出しています。

現在、HPの作り方としては、

・PC用、スマホ用に2つのページを分けて作る。
・レスポンシブWEBデザインで1つのページで最適化する。

のどちらかを取るかと思いますが、今後はよりスマホ対応されているページのほうが、スマホから見たときの順位に明確に影響が出そうですね!

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

フォローする

こんな記事も読まれています