ネットで広く集客、POPで魅力ある店舗へ

チョークで書かれた文字
先日、東京都中小企業振興公社さんからの依頼で、久々の商店街支援のお仕事でした。

私は、いつものように個店さんのHP制作の支援を行っていました。
今回も、皆さんのご要望を聞いて、一番最適なHP制作の手法をアドバイスしたり、ITスキルに合せたツールを紹介したりしておりました。

さて、私の話はこのくらいにしておいて、一緒に支援に行った安達先生の店内POP支援が面白かったので、横から写真撮影させていただきました。(^^;)

↓手書きの店内POPの事例を紹介されているシーン。
店内手書きPOP

↓ブラックボードを使った、目を引く店内POPの作例。
店内用ブラックボード

黒背景の蛍光色が目を引きますね。

また、写真撮影忘れましたが、紙とハサミを使ってすぐに店内の飾り付けを作られている切り絵の様子も、楽しく拝見させていただきました。

私は字が下手なのでついついデジタルツールに頼ってしまいますが(笑)、安達先生は消費者の目の引きやすい「手書きPOP」と、加工と再利用のしやすい「Excel作成でのPOP」などを、うまく組み合わせて支援されているようでした。

その場でもお話ししていたのですが、HPやSNSなどを使ってネットから広く集客し、また来てくれたお客様に店頭・店内が魅力的で楽しそうに映るPOP作りなど、両方を組み合わせてやっていくのが、今風の集客の仕方ですね!

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

フォローする

こんな記事も読まれています