ショールーミングに対抗する実店舗

ショッピングする女性
ショールーミングという言葉をご存じでしょうか?

ショールーミングとは、Wikipediaによると、

ショールーミング(showrooming)は、小売店で確認した商品をその場では買わず、ネット通販によって店頭より安い価格で購入すること。

と表現されています。

これは価格.comのような価格比較サイトで買ったほうが安いため、実際の販売店舗なのにショールームのように使う人が増えています。

ネットで体験できない、商品の実感などを触ってみて、実店舗で感触を確かめたあと、実はネットショップの一番安い店で探して買う、みたいなことが実際よく行われています。

これでは、実店舗は損をするばかりです。

これに対抗する案というのはいろいろ考えられてきているものの、あえて容認しようという動きもあるようです。

渋谷ロフト1Fの、小さなネット革命:日経ビジネスオンライン

オリジナル商品比率が高いところだと、こういうことも出来そうですね。

また、在庫がないものに対しても、すぐにタブレットなどで商品を見せて、その場で買っていただく(後日配送)ことによって、実店舗側の営業マンの売上として付けかえるなど、うまく実店舗を活用しようという動きも出てきています。

じゃあ、ネット上に店舗を持たず、実店舗だけで勝負をする方法は・・・というと、今のところ私にもアイデアがありません。
(これだけネットが普及してしまうと、使うなというほうが無理なので…)
お客様のニーズを、うまく捉えて、自社に有利になるように自分達が変化していくしかないですね。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

フォローする

こんな記事も読まれています