有明佐賀空港のFREE Wi-Fi

有明佐賀空港のFREE-WiFi
忙しくて泣きそう!(笑) ぼちぼちとブログ再開します。(^^;)

さてさて、佐賀に行ったときに、有明佐賀空港のFREE Wi-Fiも取材していたので、せっかくなのでブログで公開します。

有明佐賀空港のスポット名は、「Ariake Saga Airport Wi-Fi」。

Ariake Saga Airport Wi-Fiサービス開始!! | 佐賀ターミナルビル株式会社

有明佐賀空港の待合室には、冒頭の写真のようにFREE Wi-Fiの立て看板が置いてあります。

ただ、特に説明はありません。
総合案内の方の説明によると、パンフレットやチラシ等はなく、「そのままWi-Fiにつなげれば、特に問題なく使えるはずですよー」との、あっさりとした回答でした。(笑)

さっそくWi-Fiをオンにしたところ、「Ariake Saga Airport Wi-Fi」というSSIDが見えるので、そこに接続すると、最初にポータルサイトに接続されます。

複数言語に対応しているので、普段からWi-Fiでスマホを使っている人なら、設定方法がわからないという人はいないと思います。

有明佐賀空港のFREE-WiFi 2

初期登録としては、メールアドレスのみでOK。
あとは、120分接続が続いて、一旦接続が切れますが、また使えます。
しかも365日間、アカウントが有効になっているので、とても便利です。

有明佐賀空港のFREE-WiFi 3

提供元は、NTTBPさんです。
私は素直にブログなのでぶっちゃけちゃいますが、

「もうこれでいいじゃん、これを日本全国のWi-Fiスポットの標準にしちゃいましょうよ!」

という気分です。

「自分のキャリアだけ接続OKです」とか、
「1日に15分×4回だけ接続できます」とか、
もうそんなケチケチする時代でもないんじゃない!?
という気はいたします。

有名なシンガポールの政府主導の「Wireless@SG」も、事前登録さえしておけば、4時間毎に自動的に接続が切れるものの、再ログインでまた使うことができますよね。

無料WiFi利用登録方法とインターネット環境 | シンガポール旅行観光.com

いやほんと、日本のフリーWi-Fiは使いにくいですよ。

Japan Connected-free Wi-Fi
のアプリも、正直、なんでこんなにSSIDがあってそれぞれに違いがあるのか、海外の人からみたら意味わかんないです。

ここは、シンガポールみたいに、エイヤッ!と日本政府で決めちゃったほうがよろしいんじゃないでしょうかね??

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

フォローする

こんな記事も読まれています