Windows 10は愛されるOSになりそう?

Windows10
(出典:Announcing Windows 10 – Blogging Windows

マイクロソフトがWindows 8 の次のバージョン、Windows 10を発表しました。
(Windows9は飛ばされたみたいですね ^^;)

Microsoft、Windows 10プレビュー版を公開―次世代OSは“Windows 9”ではなかった – TechCrunch

どのサイトを見ても、基本的には好意的に受け止められてますね。
もうテクニカルプレビュー版も公開になっています。

Windows Technical Preview – Microsoft Windows

スタートメニューが復活しています。
まぁ、Windows8の時にはスタートメニューがなかったことで散々な言われようだったので、Windows8.1では復活しましたが、「なんちゃって復活」でしたからね。
Classic Shell のようなスタートメニュー拡張ツールが人気を博していたわけです。

また、マルチ・デスクトップ機能が導入されるようです。これも、他のOSや、Windowsのフリーソフト等ではありましたが、標準で追加してきたのは、良かったような、その使い方に慣れないユーザー層からは苦情が来そうな、、、。(笑)

コマンドプロンプトで、Ctrl+V が使えるというのも、私的には嬉しいですが、ほとんどのユーザーには関係ないかも。。。

私が想像するに、一番市場としてインパクトが大きいのは、キー操作とタッチ操作の違和感をなくして、ブレンド化させていこう、とマイクロソフトが考えていることです。

もっとハッキリいってしまえば、
「PC版Windowsとか、Windows Phoneとか言ってないで、Windows 10そのものを5~7インチスマホや10~12インチタブレットに入れたら、それが一番市場に望まれていることなんじゃないか?」
とマイクロソフト自身が気づいてきたんじゃないかな、と思います。(笑)

Windows Phoneがなかなか市場に浸透しない割に、Windowsタブレットは地味に売上額を伸ばしてますし、もうそれでいいんじゃないかという気も、私もいたします。

6インチで、電話ができて、Windowsがそのまま使えるスマホ、
マルチタスクで、タッチでWord、Excelが100%再現される…、
あ、私買いそうな気がする。(笑)

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

フォローする

こんな記事も読まれています