新しいキャリア「ワイモバイル」は成功するか?

スマートフォンを持つ手
通信キャリア業界も、慌ただしくなってきました。

ソフトバンク傘下となっていた、ウィルコムとイー・モバイルのブランドを捨てて、

Y!mobile(ワイモバイル) http://www.ymobile.jp

というブランドになりました。既に、

ウィルコム http://www.willcom-inc.com
イー・モバイル http://emobile.jp

の公式サイトも消滅して、ワイモバイルサイトにリダイレクトされます。
(すごい激変っぷりです。。。)

さっそくヤフージャパンなどでも、下記のキャンペーンページがものすごくリコメンドされてきます。(笑)
Y!mobile(ワイモバイル)


で、肝心のサービスはというと、

・スマホプランS 3,980円(1GB、速度制限128kbps)
・スマホプランM 4,980円(3GB、速度制限128kbps)
・スマホプランL 6,980円(7GB、速度制限128kbps)
(26ヵ月目以降は+1,000円)

で、かつ、固定電話・携帯電話へは、
10分以内 月300回まで無料(301回目から20円/30秒)
10分超過以上 20円/30秒
という音声定額をくっつけています。

これにさらに、
スーパーだれとでも定額
をつけることで、他社も含めたすべてのスマートフォンやケータイ、または固定電話への国内通話が、無料で利用できるようになります。

私個人はMVNO系のサービスを沢山知っているので、基本サービス自体には特に目新しいとは感じませんでしたが、MVNO並みの値段で、かつ「スーパーだれとでも定額」を使えば、かなりお得になる人が増えるんじゃないかなぁという気がしました。
また、比較的大手のキャリアがMVNO並みのサービスを、しかも実店舗を持って提供し始めていることに激変っぷりを感じます。
(ウィルコムとイーモバイルの実店舗が、ワイモバイルに切り替わるわけですものね。集客効果は高いと思います。)

切り替えを検討していいユーザーとしては、
「ネットをあまり使わないけど、電話はものすごく使うユーザー」
ということになるでしょうか?

逆に、端末には残念ながら今のところ選択肢があまりないので、そちらを希望している人にはあまり受け入れられないかもしれません。

いずれにしても、なかなかにひと癖もふた癖ある大手キャリアが登場したものです。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

フォローする

こんな記事も読まれています