Squareオフラインモードは便利だけど危険

腕組みする男性
スマホ・タブレットを用いたクレジットカード決済ソリューションのことを、クライアントさんからも聞かれることが多くなってきました。
それだけ、決済手数料 3.25%前後 の手数料が、興味を引くのかもしれません。

さて、その中の1つ Squareが、通信回線が不安定なところでも決裁ができるようにするというサービスをスタートしました。

通信が不安定でも決済可能、「Square」にオフラインモード – ケータイ Watch

これは、ネットがつながりにくいような場所でも、「Squareレジ」で決済できるようにする仕組みで、72時間以内にネットに接続すれば、決済ができるという代物です。ただ、詳細を読んでいくと、結構怖いことが書いてあります。

オフラインモード機能をつかって決済を行う

・オフラインモード有効化することで、オフライン時に受付けられたクレジットカードが、承認されない、有効期限が切れているといった理由で処理できない、またはチャージバックが発生するといった問題に関してSquareは一切責任を負わないことに同意したとみなされますのでご留意ください。
・Squareアプリが削除されると、オフライン中に受付けた決済完了前の情報が失われ、お取引代金が入金されません。​

後者はともかく、前者は結構難しいですよね。
カード上の名義とカードの有効期限を確認してほしいとはいえ、そもそも盗まれて使用停止にされたカードだった場合も、事業主側の責任になるのでは?

1万円以下の少額決済が前提とはいえ、結構リスクですよね。。。

ただ、電波が必ずしも安定している訳ではない場所で、お客様に不便を感じさせずに決済プロセスを完了させることができるという意味では、やり方を覚えておくというのも良い手かもしれませんね。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

フォローする

こんな記事も読まれています