iPadやiPhoneの乗っ取り被害

セキュリティ
iPadやiPhoneの乗っ取り被害が、オーストラリアやニュージーランドで増えているそうです。

iPadやiPhoneの乗っ取り被害多発、ロック解除に「身代金払え!」 – ITmedia ニュース

手口としては、「iPhoneを探す」の機能を悪用して、ロックをかけて、ロックを解除したければ身代金を払え、という方法のようです。

このようなデータを人質(?)に取る手法のことを、「身代金要求型不正プログラム」あるいは「ランサムウェア」と呼びます。

今回は使えなくするだけですが(それも困りますが)、場合によっては、スマホの中のデータをすべて吸い出す手口もあり、非常に厄介です。

スマホには自分を含む連絡帳の他人の個人情報はもちろん、プライベートな写真データ、場合によっては会社からのメールなども含まれているかもしれません。
それらを使えなくさせる、闇サイトで売買される、あるいはネット上にばらまく、といった悪用が考えられますので、十分に注意が必要です。

今回は、おそらくApple IDのパスワードが突破されたのでしょうが、今のところ、個人でできる対策としては、Apple IDのパスワードを複雑なものにする、他のサービスで使っているパスワードと違うものにする(パスワードの使い回しをしない)、など対策を取っておくことでしょうか。

明日は我が身と思って、備えておきたいですね。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

フォローする

こんな記事も読まれています