スマホ・タブレットの防水ケース紹介4つ+1

I-O DATA IPX8準拠 iPad・10インチタブレット用防水ケース
昨日見学に行った展示会でも、ノートPCではなくタブレットに防水機能などを付けて、現場で使わせるという手法が多くなってきているな、という印象を受けました。

そこで、スマホ・タブレットの防水機能と防水カバーについて私が気になるものをいくつかピックアップしました。

ARROWSみたいに最初から防水のを買ってもいいですけど、使い慣れたiPadなどのタブレットに防水カバーを付けてもいいですよね。

…とその前に、防水ではIPXという規格をよく目にするので、一度下記の記事を見ておくとよいかと思います。

スマートフォンの防水規格IPX5、IPX7、IPX8とは? | スマートフォン情報なう

簡単に書けば、水中にずっと水没させて使わなければ IPX7 でも IPX8 でもほぼ大丈夫そうです。

さて、最初の紹介は、シンプルイズベスト。
アイ・オー・データ¥ 2,672

余計な飾りは一切ないし、キッチンやお風呂場に立てかけて使うのに良さそうです。軽いし、あまり動かさないのであればこれで十分そうです。

次は、ストラップ付の防水ケースについて。
サンワダイレクト¥ 2,550

これは持ち運びに便利ですね。しかも、裏にはスタンドがついていますので、自立できます。
屋外での作業現場や、アウトドアに向いていそうです。
↓7インチ版もちっちゃくて、歩くときに邪魔にならないので使い勝手も良さそう。
サンワダイレクト¥ 1,580


ちなみに、防水が重要ではなく、ビジネスでも使えるしっかりとしたレザーケースをお探しなら、↓こっちのほうがいいです。
i.s.m.¥ 2,980

高級感がありますし、画板のように上下に対角線にストラップをつければ、画面固定もラクそうです。(こういうのほしかった!という方も多いでしょうね。)

なお、もっと激しく動くときには、ランニング用のアームバンドなども両手が空いて良いですね。

XtremeMac¥ 1,854

鍵とかコインとかの小物が挟めるなんて、実にわかっていらっしゃる…。

ノートPCでも持ち込みが難しかった場所に、簡単に持ち込みができるというのがスマホ・タブレットの強みでもありますね。
ぜひお気に入りのケースとともに、ビジネスやプライベートに活用していきたいですね!

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

フォローする

こんな記事も読まれています