イオンのO2Oに関する検証が興味深い

シェアする

イオンのO2Oに関する検証が、実に興味深いです。

イオンのO2Oは効果があったのか? Eコマース事業最高責任者が考えた8つの仮説と結果 |ビジネス+IT

1.「店があることは競争優位性の源泉だ」
    →イエスともノーも言い難い。

2.「来店が難しいお客さまがネットで購入する?」
    →オンラインで買い物をする顧客は、ほとんどがショッピングモールの近隣に住むユーザーだった。

3.「ネットスーパーは働くママがよく使うに違いない」
    →ほとんどが子育て主婦、専業主婦だった。

4番目以降は会員登録しないと読めないので割愛しますが、とても納得感のある内容になっています。

特に、主婦層のスマートフォンとガラケーに対する価値観は、実はまったく同じことを私も考えていたのですが、逆に「リアル店舗による巨大な実売データを抑えているところは強いな」とも感じました。

また、オムニチャネルに対するコスト増と売上増、どっちが上回るかは、これは各社の戦略によって大幅に変わりそうな感じも受けました。

これから新たにO2Oに取り組もうと考えておられる担当者さんは必見の記事です。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています