そろそろ会計ソフトを使う頃合いかもしれない

会計ソフトで有名な弥生が行ったアンケートで、興味深いものがありました。

白色申告者の6割が帳票義務化を知らない――弥生の確定申告調査 – 誠 Biz.ID

白色申告でも平成26年からの記帳義務化することは、私も知りませんでした。(ずっと青色申告でしたので)
でも、当事者である白色申告者でも6割が知らないというのは、ちょっと告知強化が必要そうですね。

で、興味深い点というのはそこではなく、

・白色申告者は「自宅を仕事場として兼用しているが、経費計上していない」が28%
・青色申告の場合でも、「経費計上していない」2割弱

が、家事按分を活用した節税を活用していないという点です。

もったいないですね、ものすごく節税効果がありそうなのに…。
(単に、計算が面倒だからやってないんでしょうかね??)


それともう1つ、ITツールの活用という点では、

・青色申告者は「市販のPCソフトを利用」(30%)
・白色申告者は「Excelなどの表計算ソフトに入力」(31%)
       「ノート等に独自の形式で手書き」(25%)
       「記録(記帳)をしていない」(15.5%)

とあり、意外とITツールを活用していない実態がわかります。

こちらももったいないですね。
会計ソフト、最近はとても簡単になってきておりますのに…。

もちろん、調査元の「弥生会計」も使いやすいですし、他のパッケージソフトもオススメです。

また、最近は「freee」というクラウドサービスの会計ソフトも人気が出てきています。

帳票義務化にあわせて、ITツールの活用で経理をラクにしてみるというのも、日常の業務効率化のみならず、分析機能による経営の見える化を行うという意味で、チャレンジされてみるとよいのではないでしょうか?

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

フォローする

こんな記事も読まれています