NTT&ドコモの「セット割」の検討開始

羽生選手、金メダルおめでとー!!
っと、のっけから全然関係ない話題ですみません。(リアルタイムで見てたもので、つい… ^^;)

さて本題。
NTTのセット割が解禁するかも、というニュースが出ていました。

NTT:セット割引解禁…競争激化シェア低下 総務省検討 – 毎日新聞

auのスマートバリューが大成功を収めていて、ソフトバンクも一部の固定回線とセット割引をはじめたところに、NTTとドコモだけは規制の関係でセット割が用意できていませんでした。ですが、これを総務省が認めれば、同じ土俵で戦えることになります。

もちろん、auとソフトバンクは相当警戒感を強めていると思います。
特に、NTTのフレッツの契約数が多いことから、ドコモとのセット割引が魅力的であれば、MNPする人も出てくるかもしれませんからね。

とはいえ、セット割引はもう過去の話として、もう次の戦略、例えば、
最近はサービス事業に力を入れているドコモ
海外展開に力を入れているソフトバンク
決済などに力を入れているau
などに焦点が映っているでしょうか?

どれが頭一つ抜け出すのかは、まだまだ未知数ではありますが…。
(サービスは事業を軌道に乗せるのが難しいし、海外は一歩間違えば大きな損失を被ることになるし、決済ももうお腹いっぱいというほど種類がありますし…。)

圧倒的に魅力のある付加価値がつけば、なかなか他のものにスイッチしにくいものです。
同じパイの割合(国内契約数のシェア)だけでなく、他の事業との組み合わせで、事業をもう一段階広げていってもらいたいですね。
>
スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

フォローする

こんな記事も読まれています