モバイル決済ソリューションに死角がなくなってきた

モバイル決済ソリューションに、死角がなくなってきたようです。

1つは、「Coiney」が始める、「サインレス決済」。
第三者割当増資によるシリーズB 総額13億円の資金調達の実施及び日本初「サインレス」によるスマートフォン決済開始のお知らせ | Coiney

1万円以下の商品であれば、購入者のサインなしで、決済が可能になるというものです。

モバイル決済ソリューションが今一つ普及しずらかったことに、指で自分の名前を書いてもらう、という手間がありました。
(慣れていない人にとっては、ちょっと心許ない手続きになりますからね。)

サインレス決済の導入により、決済完了までのスピードが飛躍的に早まることは、スーパーなどでのクレジットカードによるサインレス決済をみても明らかです。


そしてもう1つ、ついにJCBブランドがモバイル決済が可能になりました。

ペイパル、JCB と業務提携に向けて合意 – PayPal (PDF)

日本では、VISA、MASTERと並んでよく利用されるカードにJCBがあります。
今まで、JCBに対応していないことで、モバイル決済ソリューションに手出ししづらいという部分もありましたが、これで随分とカバーできるカードが増えるはずです。


また、ちょっと変わり種として、ドコモと提携しているリンク・プロセッシング社の「Anywhere」では、銀聯カードにも対応しています。
クレジットカード決済サービス | リンク・プロセシング

中国からの観光客が多い店舗などでは有効ですね。


これらを考えると、まだまだな部分もありますが、ずいぶんと死角がなくなってきたのかな、という印象を受けます。

今後は、実際の店舗が導入しやすいように、それぞれのサービスがどのように差別化、あるいは足りない機能を補完しあうのか、というところが気になってきますね。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

フォローする

こんな記事も読まれています