ソーシャルメディアが旅館の危機を救った話

シェアする

お盆の時期に、Facebookで話題になっていたニュースです。

お盆に80名キャンセルで旅館丸空き!危機をFacebookが救う? | Social Magician Makoto Sakata

お盆に80名キャンセルが出て、旅館がピンチに陥ったと女将がFacebookに書き込んだところ、次々とシェアされて、部屋が埋まった、という話です。

ただ、上記記事の最後のまとめにもありますが、普段から交流を深めていないと、なかなか助けてくれないですよね。

ソーシャルメディアそのものというより、いざというときに助けてくれるファンの人たちがどれだけいるかのほうが、旅館や店舗を運営していく上で大事なことだったりするのでしょうね。

そんなビジネスの基本を教えてくれる好事例でした。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています