2013年度 法人向けタブレット端末の市場予測

シェアする

ITC総研が、法人向けタブレット端末の市場予測を発表していました。

2013年度 法人向けタブレット端末の市場予測:レポート|ICT総研

これによると、
・2012年度は前年の1.8倍
・翌年から1.2~1.4倍
の伸び率になるのではないかと調査・予測しています。

また現在は、大企業向けが4割を占めるものの、今後は中堅・中小企業向けも法人市場の伸びを牽引するとの予測も出ています。

私が興味深く思ったのは、日本のタブレット端末市場全体では個人向け410万台(構成比83.8%)、法人向け79万台(構成比16.2%)と、法人向けがまだまだこれからというところである点です。

これは今後、法人でタブレットを用意するのか、それとも個人が持っているスマホやタブレットを業務利用として許すのか(BYOD)によって、企業の中でも対応が変わりそうですね。

そのほか、法人向けタブレットではiPadが一歩リードしているなど、興味深いデータもありますので、一度見ておくとよいかと思います。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています