Kindleとkoboの戦い(≒Amazonと楽天の戦い)

シェアする

最近、Amazon Kindleと、楽天koboの戦いが熱いです。

電子書籍の30%オフ合戦がスタートしています。

楽天ブックス 全電子書籍30%オフ キャンペーン

Amazon ほぼ全ての電子書籍30%オフ キャンペーン – 震度0など

もともとは、楽天が頻繁にキャンペーンをやっていたと思うのですが、Amazonが追随した格好でしょうか。

koboとkindleの実際の端末利用者数の戦いでいえば、kindleの勝ちだと思うのですが、ことはそう単純な話ではなく、iPhoneやiPad、Android用アプリも含めた、全タブレットで読めるような環境が整ってきていますので、もはやハード販売の戦いは終わっています。

むしろ、いかに顧客を自社の電子書籍に引き付けるかの戦いにフェーズが移行しているといえそうです。

これはハードウェアの「製造業」がその会社の主力産業であれば、かなり致命的なことなのですが、この両者はもともと「小売業」ですから、「売ってナンボ」の戦いはまだまだこれからが正念場ともいえます。

一消費者としては嬉しい反面、あまり戦いが過熱しすぎて、Amazonと楽天が疲弊しすぎたり、出版社や著者などに戦いのしわ寄せがきて(市場の健全性が保たれる程度に)、文化としての質が落ちていかないよう、願っています。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています