Excelで外部のセルの写真を参照する図形

シェアする

マニアックExcel講座の第二回目です。

ちみに前回は、これ。
Excelで外部のセルの値を参照したワードアート | ITコンサルタント日記

今日は第2回目、
「外部のセルに配置された写真を参照する図形を作成し、さらには拡大縮小も自由自在にしたい」
というものです。

相変わらず誰得なのかわからないところですね。
ですが、気にせず進みます。(笑)

画面はExcel2013ですが、Excel2007、Excel2010のようなバージョンでも似たような形式で作れるかと思います。

まず、どのセルのエリアに写真を張り込むかを決めます。
今回は、B2:D6の範囲に、写真を張り込みたいと思いますので、あとで使いやすいように、この範囲を[ホーム]-[セルを結合して中央揃え]のボタンを押しておきます。

マニアックExcel講座2-1

これでこの範囲が1つのセル扱いになりますので、そのエリアの中に何でもよいので写真(画像)を張り込んでおきます。
さきほどのセル範囲内(枠の中)に、きちんと収めておくと良いです。

マニアックExcel講座2-2

次に、さきほどの写真(画像)をマウスで選択して、CTRL+C(コピー)、CTRL+V(貼り付け)を押して、画像を複製しておきましょう。
複製した画像は、どこに移動してもOKです。(私は右下に移動させました)

マニアックExcel講座2-3

次がポイントですが、複製した先の画像をマウスで選択し、上のほうにある数式入力バーに「=」と入力し、マウスでB2セルをクリックします。
すると、↓の画像のように「=$B$2」と表示されると思いますので、Enterキーを押して確定します。

マニアックExcel講座2-4

これで、参照元の画像を参照する図形が完成しました。(説明ややこしいな ^^;)

マニアックExcel講座2-5

ためしに、B2セルに入れた元画像を消して、別の写真を入れてみましょう。
セル範囲(枠の中)にきちんと収まるように配置しましょうね。

マニアックExcel講座2-6

はい、参照元の写真が変わったので、参照先の図形も切り替わりましたね。
ちなみにこの図形は、最初から拡大縮小は自由ですよ。

1個作れば、あとはこの図形を選択して、CTRL+C(コピー)、CTRL+V(ペースト)で量産できます。

うーん、マニアック!!(笑)

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています