Excelで外部のセルの値を参照したワードアート

とある業務で、ちょっとマニアックなExcelの表を作ることになり、私自身の備忘録としてメモしておきます。
おそらく2~3回のシリーズになると思います。

今日はその第1回目、
「図形のテキストボックスの値を、他のセルの値を外部参照して反映しつつ、ワードアート化して、さらには拡大縮小も自由自在にしたい」
というものです。

…初回からマニアック過ぎますね。(笑)
(いいんです、誰かの役に立つと思いますから・・・)

画面はExcel2013ですが、Excel2007、Excel2010のようなバージョンでも似たような形式で作れるかと思います。


まずは、普通に[挿入]-[図形]-[テキストボックス]を作ります。

Excel講座1

次に、参照元となるセルを決めます。
下記画像では、B1セルに参照元となる文字列を入れています。

テキストボックスをマウスで選択し、上にある数式入力バーに
「=」を入力した後、参照元のセルをマウスでクリックします。
すると、書式入力バーに「=$B$1」と表示されますから、Enterキーを押して確定します。

Excel講座2

これで、外部のセルB1の文字列を反映したものが、テキストボックス内に表示されたと思います。
もちろん、B1セルの文字列を変更すると、テキストボックスの中身も変化します。

次に、これをワードアート化します。
Excelのバージョンによって場所が異なりますが、[書式]-[ワードアート]あたりから、1つ選んでみてください。
すると、文字に飾りがつきます。

Excel講座3

ただ、これだけでは、テキストボックスのサイズを拡大・縮小しても、文字サイズは変わりません。
そこで、
[書式]-[ワードアート]-[文字の効果]-[四角]を選びます。
([変形なし]以外なら何でもOKです。)

Excel講座4

すると、上記画面のように、テキストボックスの大きさにあわせて文字が拡大・縮小します。

1個作れば、あとはテキストボックスを選択して、CTRL+C(コピー)、CTRL+V(ペースト)で量産できます。

うーん、マニアック!(笑)

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

フォローする

こんな記事も読まれています