クラウドコンピューティングEXPOに行きました

シェアする

5/8~5/10までの間で東京ビックサイトで開催されている「クラウドコンピューティングEXPO」に参加してきました。

東京ビックサイト

私の注目は、やはりクラウドサービスがどの方向性に向かっているかです。

Salesforce

Salesforceから始まったクラウド型のサービス利用の仕方は、今や当たり前になりつつあり、Amazon、Google、Microsoft、Nifty、NTT、その他大勢の企業がクラウドサービスを提供し始めています。

単にIaaSで提供するのか、あるいはPaaSまで提供するのか、それともSaaSで差別化を図ろうとしているのか、といったところも各企業の特色が出ていて興味深いです。

また、汎用的でかつ自前でシステムを用意しなくても、たとえばヤマトのように自社の強化を兼ね合わせながらサービス推進を行うところもありますし、業種ごとの選択肢は増えそうな気がします。

ヤマトシステム

逆に、サーバ展示のほうは、企業内にオンプレミスで設置という流れは影をひそめ、むしろサーバの大規模集積に向いた小型化、省エネ、免震、データセンター誘致といった方向に向いているように感じました。

↓地震体験できるトラックの展示には少し驚きました。(^^;)
サーバ耐震

そのほか、気になった動きとしては、オフショア開発の流れはかなり来てるなぁという気がしました。
以前はやや大きめのシステム開発で利用されることが多かったようですが、今や小規模開発でも使ってくださいというパンフレットも配布されていますし、どんどん世界のフラット化を感じます。

オフショア開発

最後、気になった配布物として、

オープンソースやきそば

「オープンソースやきそば」

……えぇ、ああ、、、うん…。(笑)

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています