今年はWindows8タブレットの正念場になりそう

シェアする

私が業務向けPCで好きなブランドの1つに、パナソニックのタフブックがあります。
そのタフブックから、Windows8のタブレットPCが発売されるとニュースリリースがありました。

タフパッドFZ-G1 | パソコン(法人向け)| Panasonic
タフブックCF-C2 | パソコン(法人向け)| Panasonic

TOUGHBOOKはその名のとおり、工事現場などタフな現場での利用を想定しているPCで、水浸しにしたり、落下させたりしても動いてしまう優れものです。
このタフブックのWindows8のキーボードあり版、なし版(タブレット)が出ています。
タッチパネルによって、操作しやすくなるのは間違いありませんね。

もちろん、もっと一般的な用途向けに、富士通やASUSからもWindows8のタブレットも発売されています。

ASUS、10インチWindows 8タブレット「VivoTab Smart ME400C」発売
タブレットPC ARROWS Tab Wi-Fi 富士通

Windows8タブレットは、値段さえこなれてくれば、Microsoft Office等を使いたいビジネス用途で売れるかもしれないなぁ、と思っています。

ただ、Androidタブレットが1万円前後の価格帯で大量に出回ってしまったとき、Windows8タブレットが大量に売れる可能性はかなり低くなりそうだという気も同時に感じています。
(1~2台なら買いますが、会社で大量導入となると、Windowsから離れてもよいと考える企業は多そうな気がしますので。)

マイクロソフトはタブレット市場を本気で狙うのであれば、今年相当頑張らないと、取り返しが付かなくなる可能性があるな、と思います。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています