「Windows Live」ブランドがなくなることに

シェアする

一時期、マイクロソフトはOSを軽くして、必要なものだけダウンロードをするという「Live」ブランドの浸透を図ろうとしていました。
・・・が、Windows 8からはその流れをまた元に戻そうという動きがあるそうです。

Microsoft、Windows 8で「Windows Live」ブランドを消去へ (ITmedia ニュース)

アドレス帳「Windows Contacts」→「People」
メッセンジャーソフト「MSN Messenger」→「Messaging」

などなど、ソフトと名前の統廃合が進むようです。

これ、毎回思うのですが、マイクロソフトのネーミングセンスが微妙ですよね。
同じことができるソフトなのに、微妙に名前が違ったり、互換性があったりなかったり。

ユーザーが戸惑う原因を作っているのは、実はマイクロソフトなんじゃないか、と思ったりします。
(1個1個のアプリケーションそのものは悪くないのに、全体として微妙感が漂うのは、マイクロソフトの悪い癖かも?)

今後は、Windows 8のUI同様、シンプルでわかりやすい方向性を目指してもらえばなぁと思います。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています