ソーシャルメディアを巡る攻防が早くもスタート

シェアする

さ、寒い!!
今日は午前中にHP制作に関するご相談が2件、午後から台東区で次回セミナーに関するお打ち合わせが1件でしたが、帰る頃とても寒かったです。(雪が降るかも、とニュースで言っていましたが、道理で…)
喉が少し痛く、風邪っぽい症状があったので、暖かくして寝る予定です。

さて、以前の記事で、「ソーシャルメディアの覇権争い」が今年の注目の1つだと書いていましたが、さっそく、年初からGoogleが先制パンチを出しています。

Google、検索対象にGoogle+を含めるサーチ・プラスをローンチ―本格的ソーシャル検索への第一歩

このサーチ・プラスというのは、要するに、Googleで検索すると、自分のパーソナルな情報からも拾ってくるし、Google+のお友達の関心なども加味して、検索順位が入れ替わるというものなのですが。

今回の変更に、Twitterが大きく反対を表明しています。

Twitter、Google+とGoogle検索との連携を激しく攻撃

以前はGoogleも「Twitterのリアルタイム検索」を提供していて、それはそれでとても便利だったのですが、契約を解消して、今はTwitterのツイートがGoogleで検索しづらくなっています。
(日本では、代わりにYahoo!のリアルタイム検索を使うと良いです。)

もっとも、FacebookのタイムラインもTwitterも見られない状態のGoogleを「あなたの世界」と表現するのは変だ、という↓の主張も何となくわかります。

Googleの言う「あなたの世界」は、Google+だけの世界

今後も、提携と拒絶を繰り返しながら、ソーシャルメディアを巡る戦いが繰り広げられるのでしょう。
(でも、彼らが商売の原資に使っているのは、皆さん自身の情報なんですけどね)

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています