USBメモリを買うなら、USB3.0対応のものを

シェアする

今日はITコンサルティングが1件と、新規のクライアント様とのお打ち合わせが1件、またHP制作の作業等を行っておりました。
気がつけば、もう今年も2週間程度なのですね。
ホント、師走モードです。。。

さて、東芝の新しいUSBメモリが発表になっていました。

東芝、リード220MB/secのUSB 3.0メモリ

スペックとしては、USB3.0で接続した場合、

・リード 220MB/sec
・ライト 94MB/sec

だそうです。USBメモリにしては速い!です。

現在よく使われているUSB2.0は、理論上、最大480Mbps(約60MB/sec)ですから、読み込みも書き込みも間に合わないという計算になります。

ちなみに、USB2.0接続時は、

・リード 34MB/sec
・ライト 30MB/sec

となるそうです。やはりUSB3.0とは随分差がありますね。

無線LANやクラウドサービスが普及して、使う機会がめっきり減ったとはいえ、外出するときに1つは持っておくと便利なものがUSBメモリです。
購入するなら、USB3.0対応のものを買いましょう!

(注意:USBメモリは、紛失して情報漏洩につながる危険性も高いので、データ暗号化タイプや認証機能付きタイプのものを選ぶとなお可ですね。会社でUSBメモリが禁止されている場合は…スッパリ諦めましょう。笑)

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています