公衆無線LANサービスの怖さの一端がわかる事例

シェアする

「見知らぬ無線LANにアクセスしないようにしましょう」とは、このブログでも何度も書いてきているのですが、無料の公衆無線LANサービスでも、ちょっと(かなり?)怖いと思わせる事例がありましたのでご紹介します。

公衆無線LANのConnectFree、利用するとTwitter IDとFacebookをMACアドレスと紐づけられ、いつどこでどのサイトを閲覧したか収集されるらしい – Togetter

「Conect Free」という無料の公衆無線LANサービスなのですが、広告配信だけならまだしも、個人情報に相当するものを次々と抜かれていた(Google Analyticsの解析までも)という話だったようです。

公衆無線LANサービスの便利さが伝わるのは良いのですが、自分が契約した有料のサービス以外にも接続しようとすると、急に怖いことになったりしますので、注意が必要です。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています