「てんちかWi-Fi」商店街全域で公衆無線LAN

シェアする

この試みは面白いですよ。
日本最大級のWi-Fiストリートということで、天神地下街全域でWi-Fiが使える「てんちかWi-Fi」がスタートしています。

【NEWS】「てんちかWi-Fi」&「スマートフォンサイト」9月1日からスタート!!! – テンチカブログ

接続方法は以下の通り。

【接続方法】
①Wi-Fi接続画面から「tenchika_wi-fi」を選択すると「てんちかWi-Fi」の接続画面になります。
②「接続」ボタンを押すと、「てんちかWi-Fi」をご利用いただけます。
    
つまり、「FREESPOT」と同じく、無料で誰でも使える公衆無線LANサービスというわけですね。
特に旅行者に嬉しいサービスとなりそうです。

福岡に行ったことがある人なら分かると思いますが、天神地下街は西鉄や地下鉄乗り換え、また各デパートに信号待ちなしで行けるため、日常的に利用され、また人通りも多いです。
待ち合わせにもよく使われますし、Wi-Fiが使えるとなると、カフェや飲食店などでも利用できて良いですね。
(天神はさらにFONのアクセスポイントも整備されてます)

商店街の活性化にWi-Fiを使う。これは他の商店街でも(エリアにもよりますが)見習うことができるかもしれません。

ただ、一点注意は、無線LANに暗号鍵が設定されていないアクセスポイントは、パケット盗聴(スニファリング)がされやすいということは知識として知っておいたほうが良いでしょう。
SSLやTLSで暗号化されていない通信で、IDやパスワードを入力するようなサイトへのアクセスは控えたほうがいいと思います。

「てんちかWi-Fi」がどの程度セキュリティ対策を行っているのか、残念ながら調査が出来なかったのですが、セキュリティに詳しい現地の方のレポートがあるといいですね。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています