Windows7の導入企業が着実に増えている

シェアする

Mac OS X Lionなど、魅力的でギーク心を刺激されるOSも発売されていますが、いわゆるビジネスのためのOSとしてはWindowsが主流です。

世界的にみても、Windows7への移行はかなり進んできているようです。(日本は若干遅れ気味のようですが、それでも着実に普及してきていますね。)

Windows 7のインストール率4割強へ、企業導入が加速:ニュース

私が肌感覚で感じている部分としては、

・WindowsXPを使い続けていたオフィスでも、そろそろ新PCを購入する/した時期で、Windows7が真っ先に候補になっている。
・Windows Vistaは良い部分も多かったが設定がこなれていない部分も多く、市場に受けが悪かった。結果的にWindows7が「良いとこ取り」をしている。

ということで、OS・ハードウェア的にもWindows7が仕事でこの先3~5年使う上ではベストかと思います。

オフィス用PCでは先進性よりも安定性、一瞬の高速性よりも耐用年数やコストパフォーマンスが重要というケースも多いので、しっかり選びたいですね。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています