中心市街地・商店街での巨大合コンが流行るかも?

シェアする

つい先日、群馬県の前橋中心街で、男性600人、女性600人の計1200人の巨大合コンが開かれ、大盛況だったそうです。

前コン オフィシャルHP

当日の様子は↓こちら。

前橋の合コンイベントに1200人

前橋中心街飲食店などの若手経営者の皆さんが企画したそうですが、これは街の面白い活用方法ですよね。

実はこの流れ、様々な地域で発生しています。

宮コン 宇都宮
・都コン in 吉祥寺 東京の合コンパーティー
濱コン 横浜史上最大規模のfood & drink PARTY
愛タッチ 〔松山活性化プロジェクト〕

これだけ多く集まれば、単純にお祭りとして楽しむ方もいれば、真剣に異性探しをしている人、料理をあちこちで食べ歩くのが楽しいという人もいて、各人がそれぞれにお祭りを楽しんでいるようです。

中心市街地・商店街は昔から地域を活性化させる基盤として愛されてきました。しかし、大型店舗の進出で、衰退を続けていると言われています。

ですが、今ある強みをそのまま活かして、新たなイベントを行うことによって中心市街地・商店街に多くの若者が戻ってきた、という現象は、まだまだやるべきことがあるのではないかと気付かせてくれる興味深い事例だと思います。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています