スマートフォンを買った時期によるユーザー属性

シェアする

面白い切り口のユーザー属性分析です。

スマートフォン、いつ買いました? 購入時期・機種でユーザー層に特徴

スマートフォンを買った時期によるユーザーの違いを表現されています。

別の用語として、「アーリーアダプター」「アーリーマジョリティ」「レイトマジョリティ」と照らし合わせて考えれば、業界の成長タイミングと人がどう関わっていくのかが実感できて面白いですね。

ちなみに、第0世代とも言うべき?、名機W-ZERO3シリーズについては全く触れられていなくて残念です。
(iPhone登場以前の素晴らしいスマートフォンでした。)

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています

コメント

  1. 七星 より:

    >スマートフォンがほぼ標準になるそうな勢いですね。
    私はメール送受信を基準にして、まだ未導入です。頭が固いのかどうも移行するポイントが見つかっていないのが現状です。周囲は皆iPhoneユーザーです。シャシャッ!って操作している中、「メールが打ち込みにくいなぁ」「変換が・・・」という声を聞いて、「まだまだ」と頑固さを増していく感じです。

  2. BON より:

    私は逆に普通の携帯電話での文字入力が苦手だったので、iPhoneの前からハードウェアキーボード付きのスマートフォンを使っていました。
    iPhoneではフリック入力を練習してそこそこ速く入力できるようになりましたが、今はQWERTY配列ソフトウェアキーボードを使っています。