auも新端末を発表

シェアする

auも新端末を発表しました。

【レポート】「軸足は完全にスマートフォン」 – 田中社長がau携帯電話の夏モデル15機種を発表 (1) 夏モデルとして6機種がスマートフォンを投入

面白い端末としては、

女性が喜びそうなデザインとしては、INFOBARの復活。
男性が喜びそうなデザインとしては、G’z One。

そして一番の目玉は、やはりau初のXperia acroでしょうか。

しかし残念ながら、キャリアメール(~ezweb.ne.jp)対応は秋頃になるとのこと。
それまで別のメールアドレスを使う必要があり、乗り換えの際の大きな障害になりそうです。

また、テザリング対応は次回から。それまでauとしてはhtc EVO WiMAX ISW11HTのようなWiMAX端末で乗り切る予定のようです。

サービス面では、月1,480円で100万曲が聴ける音楽定額サービスが発表されました。
au、スマホ向けクラウド型音楽配信「LISMO unlimited」

ただ、個人的な感想を言わせていただければ、全体的に「弱い」と感じてしまいました。

発売当初のキャリアメール非対応は相当悩ましい問題ですし、サービス面でも他キャリアに比べて今一歩出遅れ感があります。

auの勢いが回復してきていたとはいえ、契約数ではソフトバンクとドコモの後塵を拝していただけに、ここでのつまづきは、今年後半に響いてくる可能性があります。頑張ってほしいところです。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています