Internet Explorer 9に乗り換えるべき理由

シェアする

現在、Firefox4やChromeをお使いの方は、Internet Explorer9に乗り換える必要はありません。

ですが、もしInternet Explorer8以下をメインのブラウザとしてお使いの方は、GW(またはGW直後のやる気が乗り切らない時期)を利用して、Internet Explorer 9に乗り換えましょう。

Internet Explorer のダウンロード
(残念ながら、Windows XPはIE9をインストールできません。ChromeやFirefoxなら、XPユーザーでも最新版がインストールできます。)

また、Internet Explorer 9の特徴がわかりやすい記事として、こちらの2つをご紹介します。

新ブラウザ「IE9」について知っておきたい5つのこと
速い! 美しい! IE9日本語正式版がついに配布開始


Internet Explorer 9に乗り換えるべき理由。
それは何といっても「JavaScriptの高速化」です。

最近のWebサイトはJavaScriptによる画面制御が当たり前のように使われているため、IE9に変えることで劇的に速く表示されます。

そして、ノートPCユーザーにとって嬉しいのが、「画面表示域の拡大」です。少しでも画面を広く使いたいノートPCにおいては嬉しい変更です。
(IE8から各種設定ボタンの位置が大きく変更になっていますので、慣れが必要です。)
IE9の場合、消費電力も低く抑えられるように改善されています。

その他、地味に便利なのが、タブをドラッグして、別のウィンドウに切り離して表示する機能です。ほかのブラウザでできていましたので、IEでもできるようになって便利です。


冒頭に書いている通り、ChromeやFirefoxを使っているユーザーの方は乗り換える必要はありません。ですが、(最近少なくなりましたが)たまにIEでしか表示できないWebサイトがあったとき用にアップグレードしておいてもいいですね。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています