震災後のTwitterやFacebookに関する調査

シェアする

震災後における、TwitterやFacebookに関する調査が公開されていました。

地震発生時に「役に立った」、ツイッター79%、フェイスブック62%:MarkeZine(マーケジン)

興味深いのは、地震後から利用した方は、「友人、知人、家族に推奨されたから」が最も多くなっている点です。

前から存在は知ってはいても、周りの人の勧めや、実際に役立つことが実感できないと、自分で使おうという気が起きないということでしょうね。

Twitterは速報性、Facebookは個別の人の情報を得るのに適している、というのも納得できますね。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています

コメント

  1. まり より:

    なるほどね。
    便利だもんね