みずほ銀行のトラブルの言い訳が苦しすぎる

シェアする

みずほ銀行だけがシステムトラブルに見舞われた件ですが、私もすっかりハマってしまい、ほかの銀行口座をうまく使いながら乗り切りました。(資金を分散していて良かったです)

そして、システムトラブルに関する会見が開かれましたが、その言い訳も苦しいです。

みずほ障害 義援金の集中原因か

東北関東大震災の義援金が集中したため、本来処理能力の高い口座を用意すべきところを、そうしなかったためとのことでしたが、「えっ、そんなことを手動で行っていたの?」と逆にビックリしました。
普通、入金処理の件数が異常値を示したらアラートを表示するとか、重い処理を移転または分散するとか、システム的な対処はいくらでもありそうなものですが…。

しかも、例えトリガーがヒューマンエラーだったとしても、15日から今週までずっと影響が出るようなシステムって…。

2002年にもシステム障害を起こしていますし、もうスッキリと「システム上の欠陥でした」と言ったほうがいいのではないでしょうか。

いよいよ給与振り込み日が多い25日が目前に迫ってきました。ここがふんばりどころですね。

無事乗り切って、それから抜本的な対策に乗り出して頂きたいです。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています