ノートPCとデスクトップPCの消費電力は?

シェアする

消費電力 省エネ
計画停電の実施情報…。
これはもう天気予報と一緒で、毎日見るべき習慣になってます。

明日も夜中の計画停電の実施が決まってガッカリですが、台風が近づいた時と一緒で、嘆いていても仕方がないので、粛々と準備をしておきます。

さて、昨日に引き続き、IT周りの電力の話題です。

ノートPCとデスクトップPC、それぞれの消費電力にはどの程度の差があるのでしょうか?

まず、ノートPCのほうは、こちらのページにまとまっていまして、
約20~50W
といったところです。
当然、ネットブックのような小さな液晶画面のほうが消費電力は少ないですね。

次にデスクトップPCですが、こちらのページなどを参考にすると、
約100~200W
になっています。
とはいえ、デスクトップPCにはより高速なCPU、GPUを搭載し、比較的重たい処理を実行したり、また大型の液晶モニタ等で利用されている方も多いでしょうから、場合によってはそれ以上に電力を消費している場合もあります。

ざっくり5倍くらいの電力差がある感じでしょうか。


より正確に自分のPCの消費電力が知りたい、という方はワットチェッカーを使います。

価格
レビュー消費電力などの数値を瞬時に計測。8種類の測定ができる検電器。◆コンセントに差し込んで簡単&便利にボタン1つですぐ測定できます。◆電圧(V)、電流(A)、電力(W)、皮相電力(VA)、電源周波数(Hz…

ですが、私のオススメはこちらのワットメーター付き電源タップです。
個別スイッチのON/OFFで節電できますし、ACアダプタ用の幅広タップも用意されていますし、コストパフォーマンスも魅力です。

価格
レビュー■低格容量:15A・125V
■ プラグ:2P(絶縁キャップ付きL型プラグ)
■差込口:2P・5個口
■電源コード長:2m
■材質:難燃性ABS樹脂
■本体サイズ:W310×D60×H35mm

追伸
私もこの記事を書くため情報を調べるうちに、↑の電源タップを買いたい衝動に駆られて購入してしまいました。(笑)

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています

コメント

  1. シンヤ より:

    >BONさん
    初コメントになります。いつも勉強させてもらってます。
    エコに関して「PCの電源オプション管理強化によるコスト削減」なんていう記事もありました。(参考:http://bit.ly/gu7Ssk)震災の影響で個人としても企業としても節電は心がけたいですが、ノートパソコンが熱くなってしまうことが多いので、そのことの方が最近の悩みの種です。なにかよい対処法はありますか?

  2. BON より:

    シンヤさん、コメントありがとうございます。

    >ノートパソコンが熱くなってしまうことが多いので、そのことの方が最近の悩みの種です。なにかよい対処法はありますか?

    夏場のノートPC使用の場合、想像以上に底面が熱くなったり、放熱ファンから熱風が出たりしますよね。(これは熱暴走を避けるためですので、ある程度は仕方ないと割り切る必要があります。)

    基本的な対策としては「効率よく熱を逃がしてあげる」ことですので、↓こちらの記事を参考にされてはいかがでしょう?
    http://b.hatena.ne.jp/articles/201008/1356

    冷却台はわりと効果的です。(かさばるのが難点…)
    ファンコントロールも機種によっては効果があるようです。
    また、ノートPCの電源設定で「省電力モード」にするのも効果があります。

    それでもダメな場合は…、ノートPCの買い換えも視野に入れたほうが良いかも知れませんね。(古いノートPCを使われている場合の話ですが)家電量販店で、電源が入っている実機を手で触ると一番よくわかります。

    昔のノートPCは膝に乗せているとヤケドしそうなくらい熱くなるものもありましたが(笑)、最近はさすがに省電力技術が発達したのか、そういったものはなくなりましたね。