Windowsの日本語フォントは非常に残念

シェアする

今日は少しフォントマニア的なネタを1つ。

HP制作に携わっている関係で、WindowsとMacでのフォントの違いにはいつも頭を悩ませています。

Mac OS Xには、「ヒラギノ」という高品質な日本語フォントが標準で搭載されているため、とても綺麗に閲覧することができます。

そのため、Webページのフォント指定(font-family)として、ヒラギノフォントを先に指定する場合が多いのです。

ヒラギノフォント表示例:
ヒラギノフォント 本来

ところが、これをWindowsで見ると、とても汚くなってしまいます。

Windowsでの表示例:(上がヒラギノ、下がメイリオ)
Windows ヒラギノ メイリオ

14ポイントという、Webページでよく使う文字サイズでも、この差があります。
Windowsでは同じポイント数なら、メイリオフォントのほうが一回り大きく見えますし、まだ読みやすいです。
(メイリオフォント自体も、人によって好き嫌いが分かれる書体ではありますが)

Webページではもっと小さな文字サイズを使うこともありますが、更にこの傾向が顕著になっていきます。

詳しい人なら、「gdi++」などのアンチエイリアスソフトをインストールして綺麗にする、という手もありますが、標準状態でそのくらいの美しさに気を配っていないWindowsが残念でなりません。

次期Windowsには、ぜひ高品質フォントのプリインストールと、アンチエイリアスの改善をお願いしたいです。(Windows7のサービスパックなどで、現行OSから対応してくれるとなお嬉しいのですが。)

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています