Chromeは世界シェア10%程度。PDF閲覧機能も。

シェアする

Webブラウザーの世界シェアで10%近くになってきたChrome。
飽和状態のWebブラウザー業界で、少しずつシェアの伸ばしています。

Webブラウザーのシェア
(出典:NetApplications)

自分ではChromeを使っていますが、バージョンアップによって挙動がコロコロ変わるので、初心者の方には基本的にInternet Explorerをオススメしています。

とはいえ、技術的に面白いのは確かです。
最新のChrome 8では、PDF閲覧機能が搭載されました。

PDFビューワーを統合した「Google Chrome 8」の安定版リリース

「えっ? PDFなんてAdobe ReaderやFoxit Readerなどのプラグインを入れればいいじゃないの?」
という声が聞こえてきそうですが、最初からブラウザに搭載されているのが肝で、Chromeならではの工夫がされています。

まず、セキュアなサンドボックス内でPDFを実行していること。
Adobeは素晴らしいソフトウェアを世に送り出すのと同時に、よくセキュリティ問題を引き起こす常習犯でもあります。Chromeではサンドボックス(保護された領域内)でPDFを閲覧するようにしてセキュリティを高めているのが特徴です。

そして何より嬉しいのは、このPDFビューアーが超高速であること。
おそらくFoxit Readerと比較しても速い場合があるのではないでしょうか。まるで事前にデータをキャッシュしていたのでは?と思うくらい、インターネット上で公開されているPDFの読込・閲覧が速いです。

どの程度PDFの再現性があるのか不明なので、私はしばらくは
・ローカルに保存されたPDFを閲覧するならFoxit Reader
・インターネット上のPDFを閲覧するならChrome
で運用してみようと考えています。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています