Chrome 6 安定版は見た目も変わった

シェアする

GoogleのWebブラウザ Chrome の安定版の最新バージョン6が公開されました。

Google Chrome 6の安定版リリース 拡張機能同期などの新機能追加 – ITmedia エンタープライズ

今までVer.5を使っている方も、深刻な脆弱性も多数修正されているので、最新版にアップグレードしたほうが良いでしょう。

方法は、Chromeの「レンチ」アイコンから、「Google Chromeについて」を選び、アップグレードボタンを押すとOKです。

さて、主な変更点は先の記事にまとめてありますが、個人的に気になったのは、「SSL通信であることを示すアイコンがURLより左側に来る」ことです。
これは、セキュリティを高める目的でわざと目立つように意図されたものだと思います。
わかりやすくなった反面、URLをどこから入力してよいか一瞬迷うという操作性の問題が出てくることになります。一長一短ですね。

(↓三井住友銀行のSSL通信の例)
三井住友銀行

ですが、全体的にはメニューがスッキリまとまり、「レンチ」アイコン以外は表示されないので好感触です。
ノートPCユーザーにもオススメです。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています