Windowsショートカット脆弱性にご注意

シェアする

Windowsのショートカット(.lnk)に関する脆弱性が発見されました。

いま最も危険な「Windowsショートカット脆弱性」、挙動や問題点を徹底解説

プログラムに詳しい方なら、下記の記事でも巧妙に仕組まれている様子がわかります。

Windowsのショートカット脆弱性を悪用する「Stuxnet」を各社が警告

影響範囲も広いですので、すぐにマイクロソフトがこの脆弱性に対する修正パッチを提供すると思います。(今現在、まだ配布されていません。)

一消費者としては、セキュリティ情報に注意しながら、Windowsアップデートの自動更新を有効にして、配布されてくるのを待つと良いと思います。
(今すぐ対処したい方は「マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ (2286198)」に沿って対処できますが、PCにあまり詳しくない方はレジストリなど下手にいじると危険なので、セキュリティアップデートを待つほうが賢明かと思います)

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています