OFFICE2010は買うべきか?

シェアする

マイクロソフトの「オフィス2010」が6/17に発売になりました。

気になるのは、Word2010やExcel2010、PowerPoint2010がどのくらい進化しているか、という点ですね。
私もさっそくOFFICE2010をインストールしてみました。

まず、素直な感想としては、「通常のビジネス用途であれば、OFFICE2007のままでも良いかも?」ということでした。

たしかに表現力が増していますし、細かな機能アップもあちこちに見られますが、いわゆるビジネス文書を書くだけであれば、あまり大きな違いは見あたらないかもしれません。
(それはむしろ、長年培ってきたオフィスの完成度の高さを示しているのかもしれませんが…)

目玉となる「Office Web Apps」にしても、まだまだ発展途上という印象ですし、OFFICE2007を使っている人が無理にOFFICE2010を買う必要はないのかもしれません。

ただ、OFFICE2003以前を使っている人は、そろそろ買い換えを検討しても良いでしょうね。
仕事上で周りの人からもらうデータに、.docxや.xlsxファイルが増えてきていると思いますし、リボンメニューの使い方に慣れておいても良いと思います。

ちなみに、購入する際の注意点として、以下の2つのリンクを挙げておきます。
発売目前のOffice 2010、MSお薦めは64ビット版より32ビット版
MSがOffice 2010で日本語フォント環境を強化

まだ使い始めたばかりなので、今後使っているうちに何か発見があればまたブログに書いていきたいと思います。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています

コメント

  1. マルボロ兄さん より:

    オフィス2010のレビューありがとうございます!
    買うべきか否か少し悩んでいたので助かります。

    ところでVistaからWindows7に乗り換える利点ってありますか?すみません、ITに詳しい方の意見を頂戴したくて。

  2. BON より:

    > ところでVistaからWindows7に乗り換える利点ってありますか?

    Windows7は一言で言うなら「より洗練されたVista」です。

    実際の使用感としてはVistaとそう大差ないのですが、細かな点がチューンナップされていて、1つ1つがキビキビした印象です。
    とはいえ、3~4年前のVista搭載のPCに、Windows7をアップグレードインストールしても、あまり劇的な変化は感じないかもしれません。

    Windows7は、あまり高いものでなくても良いので、64bitのCPU、4GB以上のメモリ、64bit版のWindows7の組み合わせで利用するのが、一番パフォーマンスに優れていると思います。