平成21年 消費者向け電子商取引実態調査

シェアする

経済産業省が実施した、消費者向け電子商取引実態調査の最新版が公開されていました。

平成21年 消費者向け電子商取引実態調査

なかなか興味深いです。

消費者向けECで、個人事業者が13.5%存在することや、年間売上高規模で64%の会社が1000万円以下であることなど、小規模でも参入している事業者が大勢いることを裏付けていますね。

また、業種でいうと卸売業や金融業、保険業も結構な売上を上げてきているな、と感じました。
(そういえば、私自身も今年、ある保険をネットで見積りして契約していました。)

事業を展開されている皆さんは、自分の会社が全体からするとどの位置に属しているのか、あるいは自分達の業種がEC分野でどの程度伸びているのか(参入が増えているのか)などをチェックされるとよろしいかと思います。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています