就職活動・起業を考えている皆様へ

シェアする

今日はいつもと違い、中小企業経営者や個人事業主さん向けではなく、主に学生さん向けの投稿です。

「今の就職活動では、スピードが速くないといけないからスマートフォン使っている学生も多いそうですよ」
と聞いたのは、つい先日のこと。

実際に、その競争がかなりの倍率であることを次のニュースが物語っていました。
就活狭き門、ネットで拍車 説明会、瞬時に満杯

まるで人気アーティストのライブチケット争奪戦のような様相です。

それもそのはず、私が会社に就職した2000年頃の「就職氷河期」よりも、さらに下回る就職内定率だそうです。
大学生の就職内定率 氷河期下回る 過去最悪の80%に

今就職活動を行っている皆さんは、会社に入る前から社会の荒波に揉まれることになりますが、くじけず、自分を見失わず、頑張ってください。

それと、特に今学生生活を送っているという方に知っておいてもらいたいのですが、結局大学・専門学校・高校に在籍中、どんな活動や勉強をしたのかが希望会社に対する一番のアピールポイントになります。
・大学でどんな専門性を身につけたか。
・どのような特技や資格を持っているのか。
・部活や、私的なサークル活動にどのように取り組んだか。
・バイトでどんな経験を積んだか。
ただ漫然と学生生活を送っていたのでは、なかなかアピールポイントを言うことができません。

景気が良かった頃も、景気が悪かった頃(私の頃はまさしく就職氷河期でしたが…)でも、結局は生まれたタイミングの運としかいいようがありません。
生まれたタイミングは自分ではどうしようもありませんが、自分でコントロールできるのは「自分自身をどう伸ばしていくか」のみです。

好きなことがもう決まっている人は、おめでとうございます。そのまま自分の「好き」と「強み」を伸ばして、周りの人や会社に自分はこういう人だよ、というのを広めていってください。

好きなことがまだ具体的につかめていない、という人は、まずは「いろいろ試してみる」を実行してください。頭で考えているだけでは、なかなか自分というのはわからないものです。人間は経験を通して学習する生き物です。いろいろ試していく中で、自分の好きや嫌い、やりたいことを見つけていってください。

インターネットの普及で知識だけはいっぱい仕入れて、ついつい「頭でっかち」になりがちです。でも、それだけではただの傍観者です。自分も「行動」することが大切だと思いますよ。

私は会社にも勤めましたし、今は自分で起業をして、また起業準備者を応援する立場にもいます。

就職活動はともかく、起業するとなると、バカにする大人がほとんどだと思います。しかし、バカにせず真剣に聞いてくれる大人もごく少数ですが存在することを忘れないでください。
そういう人を見つけて、良いアドバイスをもらってください。私も相談に乗れると思います。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています