美人時計の広告媒体化

シェアする

今日は高校で講師と、夕方からセミナーに参加してきます。

さて、今日のブログは妻がネタ提供元です。
「美人時計」でテレビドラマの映画の宣伝をしています。

美人時計

美人時計の広告媒体化は、昨年くらいからスタートしているでしょうか。

美人時計は、1分ごとに時計の手書きボードをもった美女が登場するというシンプルなサービスですが、とても人気があり、iGoogleガジェットだけで昨年11月時点で20万人が利用しているそうです。
私は利用していませんが、妻が美人時計と美男時計を使っています。(ほかにも、美声時計というコンテンツもあります。)

人気を集めるサービスであれば、何でも広告媒体になるという良い手本ですね。

広告代理店も今後、クライアント企業が設定するターゲットユーザーに「様々な媒体を用いてどれだけ訴求できるか」という提案力が問われてくるかもしれませんね。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています

コメント

  1. べ~ より:

    当初の美人時計は
     「クリックすると、ちょっと大きな画像が開く」だった

     この『大きめ』を見たくてクリックするのだが
    最近は
     クリックすると 広告連動でサイトにジャンプする

    。。。。  なんか、ダマされた気分  。。。。
     が、するのは自分だけでしょうか?

  2. BON より:

    べ~さん、コメントありがとうございます。

    良質のWebコンテンツを運営していくにもお金が必要なのですが、広告収入に頼らざるを得ないのもまた事実なわけで…。
    とはいえ、ユーザーを不快にするような広告も嫌われるのですよね。
    そのバランスは難しいところです。

    そういう意味では、私はYouTubeの動画内広告がとっても気に障ります。(笑)