日本オンラインショッピング大賞は優れた勉強素材!

シェアする

今日はネットショップさんのITコンサルティングを行ってきました。

ところで、つい先日、日本オンラインショッピング大賞が発表されていました。

ECサイトを表彰する「日本オンラインショッピング大賞」発表会

といっても大々的なものではなく応募総数1042件の中からなので、限られた中からの選出です。しかし、それでも入賞するサイトは見る価値がありますし、良い勉強になります。

『大賞グランプリ』
愛犬のエコショップ「わんのはな」
愛犬とエコロジー生活をテーマとするショップさんです。ショップにテーマ性を持たせ、また独自商品の開発なども行い、他店にない特色を持たせてあるのがポイント高いですね。
 
『最優秀大規模サイト賞』
越前かに問屋「ますよね」
食べ物系ショップのお手本ともいうべきサイトです。とにかく、写真が綺麗。大手外食産業のメニューにも負けないくらい、気合いの入った写真です。「写真は商品の顔」ですからね。
それから、楽天市場のお店ではよくある「やたら縦に長い商品ページ」も、参考のため見ておくと勉強になるかと思います。

『最優秀中規模サイト賞』
「水郷のとりやさん」
上の「ますよね」と同じく、テーマを絞って(この場合は鶏と卵)で頑張っておられるサイト。やはり写真、商品ページの作り込みは凄まじいものがあります。

『最優秀小規模サイト賞』
「山内鮮魚店」
これもSPA(製造小売業)の業態ですね。小さくても、キラリと光る商品を作れるお店は繁盛しますね。

『奨励賞』
「財布等のファッション通販」
主に輸入ファッション雑貨を扱われていますが、ある一定規模を超えてくると、1店だけではなく複数店舗を開くショップさんはかなりあります。このショップでは合計7店もの店を開かれていますね。なぜ、このようなことをするメリットがあるのかを考えると、面白いですよ。

ネットショップの「外見の作り」だけでは、実は売れるショップにはならないのですが、とはいえ、非常に参考になると思いますよ。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています