短大での前期の講義が終了

シェアする

今日は私が教えている短大で、前期の最後の授業でした。

期末テストは前回の講義で終わらせており、また今日は最終日ということもあって、私の専門分野であるWebマーケティングやDBマーケティングの面白い話を学生向けにアレンジしていくつか話してきました。

学生に「ITの面白さ」が伝わる授業になっていればいいな、と考えています。

ところで、私が教えている短大では3ヶ月に一度、学生に授業アンケートを実施し、それを授業にフィードバックするのですが、私の授業はなぜか人気のようで、授業に対する5段階評価で平均4.0より必ず上になります。
(常勤の先生からは「大変高い数値でうらやましいです」と言われたことがあります。)

この数値が高ければ高いほど、私のモチベーションも上がります。

学生と半年間一緒に過ごし、教えることは多いですが、逆に若い人から新しい気づきをもらえることも多々あります。

今日の講義の中でも、学生の年齢(10代後半~20代前半)の消費行動に関する面白い気づきが得られたのですが、これは私の本業(ITコンサルティング)のネタとして活用させてもらおうと考えています。

こういった実地で得られる経験こそが、コンサルティングの質を高めるのに役立つと信じています。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています