Windows 7は企業でもデファクトOSになる

シェアする

あまりの評判の悪さに、採用を見送った企業も多かったWindows Vistaに比べ、今度のWindows 7は前評判通り好調な滑り出しを見せています。

まだWindows 7の正式発売はされていないものの、アップグレードできる権利は発売が始まっています。

キャンペーンで7千円で売り出されたアップグレード版Windows 7も、あっという間に売り切れてしまったようです。
7千円のWindows 7アップグレード版がWebに登場、予約殺到で1日持たず完売

また、これから新規でPCを購入される場合にも、Windows Vista搭載PCならば、無料または3000円程度の費用を払えば、Windows 7発売時にアップグレードできる権利が付いてきます。
国内PCメーカー各社、Windows7 アップグレードキャンペーンを開始
各社によって対応が違いますので、これからPCを買おうという方は上のページをよくご覧ください。

Windows Vistaを見送った会社も多く、Windows XPからWindows 7に一気に社内OSを変えていこう、と考えている情報システム部門も多いと思います。

いずれにしても、Microsoftは「今度こそ!」の思いも強く、Windows 7を普及させるための前準備は着々と進んでいます。

経営者、また情シス担当者の皆さんは、早めに情報を掴んでいって、無理のない移行計画を立てていきたいですね。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています

コメント

  1. 女職人 より:

    大変ご無沙汰しています。いつもblogを読ませていただいています。
    近々自宅に自分専用のパソコンを買おうと思って幾つか候補をあげていたのですが、どれも決め手に欠けて最終的に選べずにいました。
    blogを参考にして、候補の中から無償でアップグレードできるものを選んで買おうと思います。
    大変参考になりました。どうもありがとうございます。

  2. BON より:

    女職人さん、ご無沙汰しております。私もブログを拝見していますよ。
    今、低価格PCやミニノートではWindowsXPが全盛ですが、もうしばらくするとWindowsVista搭載PCが多くなると思います。というのは、Windows7アップグレード権に加えて、2GBメモリ以上搭載&IONプラットフォームなど「安くても十分使える」ものが出回ってくるからです。
    もちろん、外見のデザイン性や、軽くて持ち運びしやすいものがほしい、なども要素として考えていきたいですね。
    購入の際の参考になれば幸いです。

  3. 女職人 より:

    アドバイスありがとうございます。
    持ち運びは考えていないので、デスクトップの中からじっくりゆっくり比較検討したいと思います。

    今後ともよろしくお願いします。