「Google Ad Planner」は広告業界を変える

シェアする

またしてもGoogleがすごいサービスを開発してしまいました。
その名を「Google Ad Planner」といいます。

黒船Google汐留沖に出現でWeb広告業界に激震!

これは、いわゆるメディア側からの自称PV(ページビュー)数などとは違い、Google側から解析されたPV数やユニークユーザー数を一覧にしたもので、おそらくどのメディアも戦々恐々としていることと思います。

「Google側から見た」ということなので、日本では依然Yahoo!が検索エンジンで僅差でトップですし、また携帯サイトの解析もまだできていないようなので、完全とはいえませんが、情報感度が比較的高いユーザーに対してのPCサイトについては、かなりの信憑性が得られるであろうサービスです。

残念ながら、大手サイトしか比較することはできませんが、その名の通り、性別や年齢だけでなく、学歴や収入などでセグメントをわけて、どこに広告を打つべきか考える際にとても使えるサービスになっています。

これは、使いようによってはとても強力なツールになります。

今まで、ネット上の視聴率代わりといえば「ネットレイティングス」社が有名でしたが、思わぬ競合が出てしまいましたね。

追伸
ああ、ライブドアの人からもアメブロの記事が…。
http://blog.livedoor.jp/tabbata/archives/50686724.html
今後、こういった使われ方もされるのでしょうね。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています