動画配信サービスの黒字化に向けた動き

シェアする

今日は動画配信サービスについてです。

インターネット上の動画配信サービスについては、非常に『金食い虫』だということが知られています。

例えば、YouTubeの場合、
YouTube、膨れ上がる赤字
で紹介されているように、年間で4億7000万ドルの赤字を出しているそうです。Googleでなければ到底支えきれない事業です。

また日本国内でも、Yahoo!動画とGyaOが統合されるというニュースも発表されていました。
Yahoo!動画とGyaOが今秋統合–ヤフーがGyaO株式の51%取得
Yahoo!動画もGyaOも、広告収入と有料コンテンツを収入源とする、いわば「黒字化」を目指している似たサービスであり、統合の意味もあると思われます。

一方、日本では特に若者層を中心に圧倒的な人気を誇るニコニコ動画ですが、今年に単月黒字ができるかどうか、というところです。

現在はどこも、身を削りながらも、将来の大きな収益源に向けて投資を行っている最中であると思われます。
そんな状況ですので、既存テレビ局も、今、迂闊に手を出してよいものか難しい局面ですね。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています