KDDI 「ひかりONE ギガ得プラン」 に移行(2)

シェアする

↓前回からの続きです。
KDDI 「ひかりONE ギガ得プラン」 に移行(1)

開通初日はLAN環境を整えるだけで終わりましたが、2日目の今日は、いよいよ通信の実効速度を上げるための設定を行います。

先日の調査で、au one net内の実効速度が400Mbps出ていたのですから、どこかに解決するヒントがあるはず…と思って、調べていたら、ありましたありました。

「1ギガ回線にして・・・」- 価格.com 掲示板

MTUとRWINの設定が必要でした。
(そういえば私は以前、ADSLを使っていた頃にも設定した記憶がありました。

MTUは1回の転送で送信できるデータの最大値で、RWINは受信確認を送信側に送る間隔の値です。

まぁ、細かい説明は抜きにして、フリーソフトのNetTuneやEditMTUというソフトを使えば、簡単に変更できます。

NetTuneなら、このページが詳しいです。
EditMTUなら、このページが詳しいです。

私は今回、EditMTUを使って設定しました。

その結果がこちら。(速度測定はRadishを使用)

ギガ得プランの速度測定_調整後2

下りで500Mbps近くまで出ています。ただし、これはウイルス対策ソフト(私のPCの場合はウイルスバスター2009)を起動させていない状態です。このままでは大変危険なので、ウイルス対策ソフトを起動させた状態が、↓こちら。

ギガ得プランの速度測定_調整後1

パケットの監視やパーソナルファイアウォール機能を有効にしていますので、このくらいの速度低下は致し方ありません。

(注:これはあくまで速度テストのために、一時的にセキュリティソフトを終了しているだけで、普段は絶対にウイルス対策ソフトが有効な状態で使ってくださいね! 通信速度が速くなるからって、セキュリティソフトをアンインストールしないように!

このくらいの速度が出ていれば、ギガ得プランに移行した甲斐があるというものですね。

≫関連記事
KDDI 「ひかりONE ギガ得プラン」 に移行(1)
KDDI 「ひかりONE ギガ得プラン」 に移行(3)

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています

コメント

  1. 匿名 より:

    Radishのマルチセッションでは下りは超800Mがコンスタントに出ています。上りは700M台ですが。

    ===== Radish Network Speed Testing Ver.4.0.4β – Test Report =====
    使用回線:auひかりホーム
    プロバイダ:So-net
    測定地:東京都三鷹市
    ------------------------------------------------------------------
    測定条件
     精度:高 データタイプ:圧縮効率低
    下り回線
     速度:874.3Mbps (109.3MByte/sec) 測定品質:98.2 接続数:16
    上り回線
     速度:738.8Mbps (92.35MByte/sec) 測定品質:98.8 接続数:16
    測定者ホスト:**************.ppp-bb.dion.ne.jp
    測定時刻:2010/10/20(Wed) 9:48
    ==================================================================

  2. BON より:

    下りで800強ですか。素晴らしいですね!
    Radishの「みんなの測定結果」を見ると、おおよそ400~800Mbpsですので、匿名さんのはその中でもかなり速いほうではないでしょうか。