ドロップシッピングやアフィリエイトに関する注意

シェアする

ITに携わるものとして、注意喚起をしたほうがよいと思い、この話題を選びました。

ドロップシッピングとアフィリエイトに東京都が注意喚起

ご存じの方も多いかと思いますが、最近、ドロップシッピングやアフィリエイトなどの事業を始めませんかと、初めに高い料金を請求する悪質な事業者が増えています。

ポイントは明確。東京都が指摘している点を記事から引用すると、

①素人が短時間の作業で高収入を得られるほど簡単なものではない。
②高額なパッケージをあっせんする業者に注意する。


①については、東京都もアフィリエイトやドロップシッピングの仕組みが悪いとは言っておらず、むしろちょっと知識のあるインターネットユーザーなら無料でも始められるくらい簡単なサービスです。
ただし、『事業』と呼べるまで成長するには、かなり困難であることを事前に理解しておく必要があります。本当に事業レベルまで成長するのはほんのごく一握り。実際は、「お小遣い程度に」と思ってやっている人が大勢です。

②については、この記事では、最初に130万円をホームページ制作費として請求された例も載っています。もちろん、本格的なショップを作るつもりなら法外と言えなくもないですが、①で述べたように、収益性が低いアフィリエイトやドロップシッピングサイトでこの金額はナシです。(費用対効果が見合っていません。)

また、ドロップシッピングの場合、自分が販売責任を持つ必要があります。つまり、お客様からのクレーム対応や、細かな作業も、自分が負担する必要があります。とても片手間に、簡単にできるものではありません。
ドロップシッピングの商品は、他社にも当然同じ商品を卸しているわけですから、結局ネット上では価格競争(割引き・サービス競争)にならざるを得ません。
(むしろ希少商品を持つショップの方が、利益率が良い場合もあります。)

こういった手に引っかかる前に、私やその他のITコンサルタントなどを利用してほしいのですが……。なかなか身近な専門家はいませんものね。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています